背景
プロジェクトインタビュー

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

情報産業プロジェクトインタビュー

「期待を超える価値を提供し、コンシューマー様、お客様、
開発者も満足させていきたい」

左:宇和川 右:普天間

コンシューマー様の声がリアルタイムに伝わる
宇和川
私たちは大手情報産業企業様のシステム開発をするプロジェクトチームにいます。ここはクオリサイトテクノロジーズの中でも少し雰囲気の違ったチームです。コンシューマー向けの開発を行っているので、生活に身近で、自分が開発者でもありユーザーでもあるのが楽しいです。
普天間
そうですね。スマホでシステムテストをしていると、遊んでいるようにしか見えませんし。
宇和川
でも、遊んでいるようで、実はかなりシビアな技術レベルを求められるんです。
普天間
私たちはパソコン・スマホ向けのWEBサイトやAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)などの開発を行い、アプリやSNSなどいろいろなシステムを繋いでいます。最近は個人情報の取り扱いが厳しいので、セキュリティ面は特に気をつけています。また、この仕事は作ったものに対するコンシューマー様からの評価がリアルタイムに返ってきます。厳しい意見もあり、凹むことも多いですが、良いものを作るためには厳しい意見が一番参考になります。そのような意見をリアルタイムでいただけることに感謝しています。
求められるのは、先を見据える力とスピード、そして確実性

宇和川
このプロジェクトではいわゆるアジャイル開発の手法を取り入れています。ユーザーの意見を常に取り入れながら作っていますので、開発当初、計画していたものと、実際にでき上がったものが違うこともあります。当社で主力の金融機関のシステムとは開発手法が異なるのですが、このプロジェクトはマーケットに受け入れられるかどうかが最重要なので、早く世に出して改善していくことが大事だと考えます。コンシューマー様向けのサービスは、ユーザーが固定されていません。面白くなければユーザーがゼロになることもあります。ユーザーのニーズに合わせ、臨機応変にプロジェクトを進めることを大切にしています。
普天間
今、アプリで獲得したユーザーは数百万人います。しかし、それで満足していてはいけません。ユーザーは常に様々な生活シーンの中で動いていますので、それにあわせて、新しいアプリやシステムに誘導しなければなりません。作り続けないとユーザーに置いていかれてしまうし、せっかくユーザーを獲得しても、すぐに離れていってしまうのです。そういう意味で、常に先を見据える想像力とスピード、それに確実性を求められ、高いレベルでのスキルが必要とされますね。
発想を形にすることで夢を実現させる
普天間
実際にお客様サイトに行くと、お客様とのコミュニケーションが大切だと感じます。お客様は常に先を見据え、新しいものを生み出そうとしていますので、その発想に追いつき、形にするための技術的なサポートをいち早く提供できることが必要だと感じます。今はまだお客様のご意向を追いかけるだけで精一杯なのですが、今後はこちらから新しい提案をしていけるようにしたいと思います。そうしていかないと私たちの存在価値がなくなってしまいますからね。私たちの仕事はマーケットが変われば、それまでやってきたことがすぐに時代遅れになってしまいます。変化に強い技術者に成長しなければなりません。
宇和川
そういったスキルは今後いろいろなことで生かせると思いますね。これからは、金融機関も新しいマーケットを時代とユーザーのニーズに合った新たな手段で獲得していくことになると思いますので、時代の変化を読む能力が必要となるでしょう。お客様のシステム担当から出てきた仕様を、コンシューマー様のニーズや、時代の変化に合わせたものにして提案する。そうすることでコンシューマー様にとって使いやすいシステムが生まれ、私たちの価値となり、お客様の利益にもなります。そういった提案のできるエンジニアが育ってくると、会社としても大きな力となりますね。実際、優秀なエンジニアは常に自分なりのネタを持っていて、プロジェクトの中でいつ提案しようか、虎視眈々と狙っています。そこを意識できているかどうかで、個人の成長が大きく変わってくると思います。私たちの仕事では個人の提案をアピールできるチャンスはいくらでもあります。だからこそ、お客様の想定を超える提案をし、お客様に満足していただけることに常に心がけなければなりません。そのためにも普段から発想力を高めることが必要となりますね。

普天間
私たちの仕事は自分の生活に近いところにありますので、日常の生活の中にも発想を刺激されることがたくさんあります。私を含め皆さんがユーザーでもありますから、「こんなサービスがあれば」「この方が使いやすいのに」と思うことが一つの提案にもなります。こんなことはできないかなと想像することで、技術開発はスタートします。最近は技術が進んできましたので、不可能だと思っていたことが可能になるかもしれませんね。
宇和川
そうですね。コンシューマーアプリケーションから生まれたビックデータを分析し、ユーザーが求める新たなサービスを提供するというところまで技術は進歩しました。技術の幅の拡がりとともに、発想も拡げていく必要がありますね。そして、その発想を披露する機会が来たときに、万全の準備ができているかどうかで、それが実現できるかどうかが決まります。発想を形にすることで夢を実現させる。クオリサイトテクノロジーズには夢を実現させることができる環境が揃っていますので、発想をどこまでも拡げることができますね。

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから