背景
インタビュー

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

新入社員インタビュー

左:大城  中央:玉城  右:福岡 

Q. 研修が始まってどんな感想を持ちましたか?

玉城
私は大学で心理学を専攻していたので、まったくやったことがないプログラミングの研修は正直不安でした。ただ文系の人向けにも、かなり基礎の部分から習得させてもらえるので、その点ではひとつずつ知識を積み上げていける環境はあると思います。実際は、やってみると正直行き詰まってばっかりですが。
福岡
私も理学部で生物学を専攻していたので、プログラミングは初めての経験でした。行き詰まった時は、同期のプログラミング経験者に聞いてみました。またアドバイザー制度として、新人ひとりにつき先輩がひとりついてくれて、常にレビューをしていただけるので、その点ではプログラミング初心者でも安心ですね。
大城
私は学生の頃からプログラミングを勉強していたので、最初の1ヶ月くらいは、他の人に比べると余裕はあったんですけど、自分が勉強していない範囲になると追いつくのに苦労しましたね。いま終盤で取り組んでいる総合演習では、実際のお客様を想定して期限内に成果物を納品することを求められています。モノづくりに対する意識レベルが、学生の頃とは全然違いますね。納品までのスケジュールを設定して、チームでの役割分担も私たちで考えます。プログラムがただ動けば良いというものではなくて、他の人にわかりやすく作ることを先輩方にはよく指摘されます。そういう意味では、研修後の業務も想定した内容になっているのではないかと思います。
Q. チームの雰囲気や役割分担はうまくいっていますか?

福岡
総合演習では、想定のお客様の要件を聞き出すところからはじめます。正確にはお客様役の先輩からシステムへの要件を聞き出すんですが、それをまた設計やプログラムとして実現するにはどうすればいいかに翻訳しないといけない。そこで自分の技術の未熟さを痛感するわけですが、そこはチームとして開発が得意なメンバーに相談しますね。自分としてもその差分を詰めていくことが、技術スキル向上の目標にもなります。
大城
そういう意味ではコミュニケーションのスキルが必要になってくるので、要件の聞き出し方とか、報告書のまとめ方とかは、文系の人から勉強になることはたくさんあります。作ったものの内容や意図を伝えられて、初めて意味があるものだと思うようになりました。
Q. 研修で行き詰まった時には
どのように気持ちを切り替えていますか?
玉城
私はクオリサイトテクノロジーズ(以下:クオリサイト)が本命だったんですよ。頑張っている人たちがいっぱいいる会社だなと思って、説明会で話を聞いて胸がワクワクしたのはこの会社だけだったんです。
私は壁にあたって落ち込むことのほうが多いんですが、こんなに良い人たちがいる会社も他にはないだろうと思っているので、この会社でやるしかないと。お風呂に入って寝たら、気持ちをリセットして、なんとかなるよって思うようにしています。それくらいのほうが、結局は長続きできますし、私自身も頑張ろうって思えるんです。
福岡
私は、まったくプログラミングはやったことがなかったので、はじめからわからないものだという前提から考えます。そうすれば壁を壁と感じずに、それは乗り越えるべき階段だと思えるようになります。あとは、自分は何がわからないのか、冷静に見極めて、わかる人に聞いてまわる。そうやって階段を一段ずつ上っていくことが、自分が成長できる近道だと思っていますね。
大城
そうやって自分が乗り越えるべき課題を見つけたとき、私の場合はモチベーションがあがりますね。それを解決するアイデアが生まれた時は一番テンションがあがります。同期にプログラミングでは負けたくないという思いは常に持っています。いま福岡さんと同じチームなんですが、彼は未経験でもどんどん知識を吸収していくので、絶対負けられないなという気持ちがあります。
Q. 研修を終えて配属された自分をイメージして、
将来の目標を聞かせてください。
玉城
いま研修で味わっている苦しさも、絶対に次の仕事につながると思っています。苦手なプログラム開発以外の部分でも自分を活かせる仕事はあるんじゃないかと思っています。
いまは技術の吸収を主体とした研修ですが、業務に入るとそれこそお客様とのコミュニケーション力も必要になると思いますので、そういった人をつなぐところの仕事を経験してみたいですね。
大城
私は沖縄出身ですが、もともとはJavaの技術者として沖縄から出て技術を磨きたいという思いがありました。でもクオリサイトは、沖縄にいながら首都圏の最先端の仕事ができる。研修でお世話になっている先輩方も高いスキルの方ばかりなので、技術を吸収できる環境もある。だからこの会社でもっともっと技術者として上を目指していきたいです。
福岡
 私は沖縄出身ではないので、地元の友達に会社名を言っても知られていないことも多くて、全国的な認知度はまだこれから。5年後、10年後には、誰もが知っている会社にしたい。
クオリサイトのニアショア専業のビジネスモデルは、他の会社にはないものですし、首都圏の企業よりも大きなビジョンが描けるんじゃないかと感じています。近い将来で、プロジェクトリーダーや事業部長を目指していますが、まだ実際の業務のイメージは湧いていないので、そのためにまずはプログラミングができるようになる、そうやって少しずつ大きな一歩を踏めるようになりたいですね。

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから