背景
インタビュー

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

田場 健一郎

  • 入社8年目~/男性/新卒/文系
沖縄と首都圏、それぞれのビジネススタイルを学べる
お客様の業務を熟知することが最も大事

私はすでに稼働しているシステムの改修や追加機能の開発を行うプロジェクトで設計を担当しています。すでに稼働しているシステムなので、ただ運用するだけと思われがちですが、実際は2週間に1度、新たな機能をリリースしています。なるべくわかりやすいシステムを作ることを心がけていますが、先を見通して設計をしていかないと、どうしてもシステムの構造が複雑になってしまいます。シンプルで汎用的に作るのはとても大変です。そのため、私はお客様の業務を深く理解しておくことを重要視しています。実際、私も4年間、東京のお客様サイトに常駐し、勉強させていただきました。入社当初から沖縄で仕事をしていたので、お客様のそばで仕事をしたのはその時が初めてでした。その間に学んだことは、今、とても役立っています。そのような機会を持たせていただけたのも、ニアショアのクオリサイトテクノロジーズ(以下:クオリサイト)ならではだと思っています。

お客様サイトで学ぶことが成長の糧となる

東京のお客様サイトに行ったのは入社2年目の時でした。その当時、技術的に全く自信がなかったのですが、お客様のことをもっと知りたいと思い、思い切って飛び込みました。お客様サイトで自分が作成したシステムが動いているのを見た時は感動しましたが、それ以上に行ってよかったと思ったのはトラブルが起きた時でした。トラブルの際の緊迫感は沖縄にいた時には絶対に感じることができないもの。それまで自分がこれで良いと思っていた品質や構築スピードのレベルがまったく通用しないということを実感し、それを機に目標のレベルが格段に上がりました。もちろん、目標と自分の能力とのギャップを痛感し、心が折れそうになったこともありましたが、お客様に支えていただいたこともあり、頑張ることができました。東京での4年間で、スキルも仕事に対するモチベーションも格段に上がったと思っています。今の自分があるのは、その経験があるからです。

沖縄と東京、それぞれの仕事のやり方を生かす

今は東京のお客様サイトを後輩に引き継ぎ、沖縄で東京との橋渡しのような役割をしています。沖縄で働きながら、首都圏の仕事ができるというのがクオリサイトの魅力ですが、現場を見ないとわからないこともたくさんありますので、今は東京での経験を沖縄の後輩に伝えているところです。クオリサイトは沖縄にいながら首都圏の仕事のやり方を経験できる会社です。やる気があれば、どんどん成長できます。そのためには、素直に話を聞き、自分自身がどうしたいのかを発信できることが必要だと思います。そういう人たちと仕事がしたいですね。

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから