背景
インタビュー

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

比嘉 大志

  • 入社1~3年目/男性/新卒/理系
意識の高さが品質に反映される
本気で仕事ができる環境がある

大学の専攻が電気工学で、首都圏の大手製造業を中心に就職活動をしていたので、沖縄で選考に参加した企業はクオリサイトテクノロジーズ(以下クオリサイト)だけでした。実際、首都圏の企業で内定もいただいていたのですが、本気で仕事ができる環境のある企業はどこだろうと考えたときに、地方のIT企業であるクオリサイトが一番、自分を成長させられると感じました。
まず、自分自身を成長させたいという気持ちが強い社員ばかりで、それは入社後も変わらず感じますね。みんなが本気で働いている雰囲気がとても気に入ってます。 IT業界は、やればやるほど成長しやすい業界だなと、あらためて思いますね。メーカーの研究職の場合、個人で動くことが多い印象ですが、ITはチームでプロジェクトを進めていくところに、とてもモチベーションを感じています。

気持ちを束ねて大きな力に

新入社員研修は、会社全体のノウハウが集約されているので、むしろ新しく入社する人ほど、研修の内容が濃く、実践的になっている。実際、研修でやったことが、業務で早くも活きているところが多くて楽しいですね。
研修では、自分だけが突っ走って、あとでやり直しとか、グループでモノをつくるという難しさがありました。単純な仕事分担ではなくて、みんなで目指す方向をまずは明確に共有させること。それが大事だと思います。
キャリアプランは、マネジメント志望なのですが、例えば仕様決めひとつとっても、いろんな人の気持ちを束ねて大きな力にしていくことができれば、直接の成果や効率として、目に見えてわかる仕事ですね。

お客様の目線で物事を考える

いま私は、金融系のプロジェクトに入っているのですが、金融システム自体が社会のインフラそのもの。だからこそ、品質は大事。いろんな技術に習熟することも大切ですが、金融ではひとつの技術にどれだけ精通しているかがまず重要視される。ひとつの技術を極めることで、自分自身の存在感や価値を高めていく。その上で、チーム全体を成長させられる、そんな人材になっていければと思っています。
直属の上司からは、お客様の目線で物事を考えることを、常に意識するように言われています。そのシステムが社会にとって、ユーザーや生活者にとって、なぜ必要なのか。そのことを常に考えていますね。
色々な視点を持つことで、まだ目に見えないリスクを捉えることができる。それがシステムの信頼性を高めていく。

ITというとすこし機械的な感じも受ける言葉ですが、実際にはソフトウェア、もっというと、それを作っている自分たちの人間性や意識の持ち方が、反映されていくものなんだなと感じています。

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから