背景
インタビュー

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

當間 淳司

  • 入社8年目~/男性/新卒/理系
保守業務が会社の業績を
安定的に支える
現場を知ることが、システムを理解すること

私は会計パッケージソフトウェアの保守業務を担当しています。会計パッケージソフトウェアの仕事は、会計業務を理解しないと何もできません。私はプロジェクトの立ち上げの時から携わり、出向という形で2年間、東京のお客様サイトで会計業務を勉強させていただきました。机上の勉強だけでは頭に入ってこないことも、現場を見て、初めて深く理解することができました。会計の知識はどの業界でも必要とされるので、2年間の出向は、自身のキャリアとしても有益な機会になりました。
今は沖縄に戻り、保守を担当しているのですが、より業務を勉強しながら、上流工程にも携わっていきたいと考えています。パッケージソフトウェアなので、製品が市場で売れると、私たちの仕事も増えていきます。成果が目に見え、実感できるところが、この仕事の面白い点ですね。

エンドユーザー様に直結する責任ある仕事

保守という仕事は、新規開発と違って、既に製品が動いているわけですから、パッケージ元の会社やエンドユーザー様から、製品を使っている中での生の情報が上がってきます。それ故、不具合に対しても、緊急に対応する必要があります。会計パッケージですので、仕事はエンドユーザー様の決算などお金が動いているビジネスに直結しており、責任は重大です。消費税増税のような制度変更もしばしば発生し、常に新しい機能や修正のリリースを抱えることになります。定常的な作業と、障害などへの緊急対応が、同時並行に動いていくわけですから、お客様と密にコミュニケーションをとりながら、何を優先的に対応するのかを判断し、部署全体のリソースを有効に動かしていくことが求められます。

会社の信頼を得る保守業務

クオリサイトテクノロジーズのようなシステム開発会社は、新規でシステムを作っていくイメージを持たれることが多いと思いますが、保守業務をしっかり受注するということが実は大事な仕事です。保守業務を通し、お客様と長い信頼を得ていくことは、事業を拡げていくのに近道です。保守業務が当社の信頼を高め、業績を安定的に支えているのだと思い、誇りをもって日々の仕事に取り組んでいます。

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから