背景
ニアショアモデル

お問い合わせメールはこちら

エントリーはこちらから

ニアショアモデル
国内外のメリットをあわせもち
高品質かつ適切なコストを実現

首都圏を本拠地とする企業では、同じ場所(オンサイト)でシステムを開発することが通常でした。しかし近年、人件費の安価な海外(オフショア)に開発を委託する事例が増えてきました。しかし言語や文化などの違いにより開発品質を含め多くの課題があります。その課題を解決したのがニアショアモデル。首都圏に比べ運用コストが抑えられる地方で優秀な人財を採用育成し、地方の優遇制度も活用することで、国内でありながら、高品質かつ適切なコストでのサービスを提供しています。

ニアショア比較表

お問い合わせメールはこちら

新卒エントリーはこちらから