クオリサイトテクノロジーズロゴ

2018新卒採用サイト

キヤノンマーケティングジャパングループロゴ

WORK システムエンジニアという仕事

『システムエンジニア』というと、コンピューターの前に座って、カタカタとプログラミングをしているイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。プログラミングとは、ユーザーの業務をコンピューターが情報として扱えるようにプログラムを構築することですが、そのためには、ユーザーのニーズを細かく理解し、入念な設計図を描くことが必要です。ユーザーにとって、より便利に、使いやすいものに設計しなくてはならないのです。システムエンジニアの仕事は、高度な知識と発想力、ユーザーと良好な人間関係をつくり、新しいビジネスのイメージを共有し具体化するためのコミュニケーションスキルなど多彩な能力が必要とされる仕事です。

システムの品質を高めるためには、顧客とのコミュニケーションが大切

システム構築の流れの説明イラスト

では具体的に情報システムはどのようなフローで構築するのか。わかりやすく、情報システム開発と住宅建築のフローを並べてみました。情報システムでは企業、住宅では家主。どちらも、こんなビジネスを始めたい、こんな家をつくりたいという想いや利用目的、必要となる機能を聞きながら全体像を固めます(企画)。次に住宅であればイメージを具体化した図面を引く(基本設計と実施設計)。システムの場合も、顧客の業務をシステムで実現するために必要な機能やシステムフローを決定(要件定義)。さらにコンピューターやネットワークの構成や、ユーザーが使用する画面のデザインや、入出力データの定義など詳細を設計する(設計)そこからは、大工さんが街中で家を建てている風景と同じように、システムエンジニアはコンピューターの前でプログラミングを行います(開発・テスト)。その後、家も修繕や増改築(運用・保守)を続けますが、システムの場合は、多様な障害発生時の対応、業務内容や法制度の変更対応など、安定稼動と共に改善を続けシステムの質を高めていくこと(運用)も、構築フェーズと同じくらい大切な業務です。

システムエンジニアという仕事は『新しい社会の仕組みをつくる』こと

住宅建築が、住宅という『モノをつくる』ことであるのに対して、システム自体は目に見えるモノではありません。しかしシステムを構築するということは、新しいビジネスを、つまり『新しい社会の仕組みをつくる』ということなのです。コンピューターやネットワーク、スマートフォンが当たり前の情報化社会において、新しいビジネスを立ち上げる、あるいは、多大な労力をかけていた業務を改善する際に、システム化は欠かせません。

特にクオリサイトテクノロジーズのユーザーは、すべて首都圏の大企業。金融業界を中心に社会のインフラを支える業種ばかりです。企画から運用保守に至るまで、責任範囲は全工程に渡ります。金融や流通・製造・サービスなど様々な業界の垣根を越えて、社会に役立てる新しいビジネスを実現するために、システムエンジニアは、いまや社会にとって欠かせない存在なのです。

イベント開催案内・企業説明会・選考会情報など
就活に役立つ情報を優先的にご案内いたします