背景
スタッフブログ
JavaOne2016 Day5

みなさん、こんにちは。品質管理部の平良です。
最終日となる本日、「Java Community Keynote」というコミュニティ主催の基調講演がありました。

JavaFX EvangelistのStephen ChinさんとJava ChampionのSebastian Daschnerさんが、バイクで日本を縦断し、各地のJavaコミュニティを訪問する映像が流れていたのですが、そこに沖縄代表として弊社クオリサイトとJava Kücheの様子が映っていました。
訪問時のインタビューに実は私も参加していたので、思いもよらぬスクリーンデビューに少々焦りました。いつかは映像ではなく登壇という形で大舞台に立ってみたいものです。

基調講演のメインはSTAR WARSを模した寸劇で、Java界隈の著名な方々がコミカルな動きを見せながらコミュニティの大切さを再認識させられるような内容でした。
日本オラクルの伊藤 敬さんが出てきた際には思わず「おぉ」と声を出してしまいました。伊藤さん演じるキャラも洒落が効いていて面白かったです。

さて、5日間に渡ってJavaOneに参加してきました。
今年は大々的に発表される内容こそありませんでしたが、EEの最新動向や、Java周辺をめぐるツールやアーキテクチャ、事例が多く見られるイベントだったと感じました。特に私自身がビッグデータに関する業務に携わっているため、Sparkのセッションには目を見張るものがありました。Sparkを現場に広めることができるか、本腰を入れて挑戦してみようと思います。

5日間ご覧いただきましてありがとうございました。帰国したら真っ先に和食が食べたいですね。

JavaOne2016Day5-1 JavaOne2016Day5-2