2015年2月26日

採用リーダーの喜友名です。

先日社内で開催されました開発者向けの技術研修についてお伝えします。新人研修の講師を務める弊社の社内研修講師が、Oracle研修センターで受講したJavaEE7に関する知識をもとに、1日かけてフィードバックする演習主体の研修です。
テーマはJavaEE7から標準APIとなったWebSocket、JSF、CDI、EJB、JPA(※)と多岐にわたります。

例えば、WebSocketでは、双方向通信を実現するのがより簡単になった事を実感するため、チャット用のアプリを作成したりするなど、その他の技術要素も、その特性に合わせた演習構成でした。

実際の開発業務では、安全性の観点から必ずしも最新バージョンが選択される訳でないため、実業務で導入されるのはまだ先かも知れません。

ただ、最新技術動向を積極的に学ぶという事は、エンジニアのスキル向上や、モチベーション向上という意味では非常に重要ですので、今後も継続的に様々な研修を社内外で実施していきたいと思います。

※JSF ・・・ Java Server Faces
※CDI ・・・ Context and Dependency Injection for the JavaEE Platform
※EJB ・・・ Enterprise Java Beans
※JPA ・・・ Java Persistance API