2013年7月25日

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、このほどキヤノンMJグループ基幹システムのメインサイトを、幕張事業所から西東京データセンターに移転しました。これにより、遠隔地バックアップとして沖縄データセンターで運用しているDR(ディザスタリカバリ)サイトと合わせ、強固なBCP(事業継続計画)型システム運用体制を構築しました。

 ITソリューション事業の中核企業であるキヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、今回のシステム構築事例で培ったノウハウを生かし、移設支援からシステム構築・運用、ネットワーク回線構築までワンストップで提供するデータセンター移設支援サービスを本格的に開始します。

 

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 ホームページへ

グループ統合情報システムのBCP体制を構築