背景
データセンタートップ"

SIMPLE IS VALUE

金融機関本番システム稼働10年以上の実績(Tier3 レベル・免震構造)

月額50,000円 /1ラック(100v20A 電源込み)

クオリサイトテクノロジーズ沖縄 IDC は
ニアショアデータセンターとして必要な機能に特化して品質を磨くことで、
圧倒的なコストパフォーマンスと、高いカスタマイズ性において、
大規模ミッションクリティカルのユーザー企業からの信頼を築いてまいりました。 

キヤノンマーケティングジャパングループという安心のブランド

クオリサイトテクノロジーズ株式会社はキヤノンマーケティングジャパングループとして、IT特区に指定された沖縄県名護市に本社を構えています。キヤノングループはじめ、金融
機関から大手小売業など大規模ユーザーのシステムの稼働実績があります。

圧倒的なコストパフォーマンスを実現できる理由

沖縄というコスト的に有利な立地であることに加え、
沖縄県による手厚い行政支援や、徹底した業務効率化により高品質低価格を実現しています

  • 沖縄県によるIT基盤環境整備

    IT産業振興に積極的な沖縄県の施策により高品質のデータセンター設備や、ネットワーク環境を整備※。基盤整備における初期コストの負担なく、低コストでの事業運営を可能にしています。

  • WEBによるダイレクト販売

    自社 WEB サイトによるダイレクト販売 に注力することで、営業販売コストを極 力低減。ダイレクト販売だからできる、 明快なサービス内容と価格提示を実現し ています。

  • ファシリティサービスに特化

    ニアショア(地方型)のコストメリットを活かしながら、多機能化(クラウド型)による高コスト化を避け、ファシリティサービスに特化することで、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

※H14 ~ H23:「沖縄県情報通信産業振興計画」 420 億円

 H24 ~ H33:「おきなわ Smart Hub 構想」の中で、H27 年度分で 110 億円

データセンター概要

金融機関本番稼働10年の実績と自由度の高いカスタマイズ性

データセンターとして必要な施設管理機能に特化することで高品質化を実現しました。自社システム利用やクラウドサービス事業者などお客様の環境に合わせて最新最適のシステムを自由に構築していただくことが可能です。
金融機関の本番システム稼働10年の実績をもつ FISC 準拠の名護データセンター。バックアップサイトとして数多くのシステム運用実績をもつ宜野座データセンター。二つのデータセンターからお客様のニーズにあわせた選択が可能です。

主な特徴

名護データセンター

宜野座データセンター

設備レベル

JDCC:Tier3
FISC :準拠

JDCC:Tier3

地震対策

RC・免震構造(震度 6 強)

RC・免震構造(震度 6 強)

津波対策

海抜 41m

海抜 24m

停電対策

商用電源 2 系統受電

商用電源 1 系統受電

台風対策

UPS(n+1)/ 自家発電 1 基

UPS(n+1)/ 自家発電 2 基

セキュリティ

6 段階ゾーニング
(敷地~ケージエリア)

5 段階ゾーニング
(敷地~ケージエリア)

施工年

2005 年

2002 年

施工業者

鹿島建設株式会社

鹿島建設株式会社

利用用途

ミッション・クリティカル
システム向け

DR/ バックアップサイト
クラウドサービス事業者向け

利用実績

金融機関勘定系本番システム
卸売業 DR サイト

情報通信業バックアップサイト
情報通信業クラウドサービスサイト

利用形態

コロケーション
(ラックハウジングは別途相談)

ラックハウジング
コロケーション

価格

個別見積

1ラック 月額 50,000 円(100V20A 電源込み)

ネットワーク

首都圏ー沖縄間ネットワークが首都圏近郊と同等の価格で繋がる

沖縄県が推進する『おきなわ Smart Hub 構想(沖縄国際情報通信基盤整備事業)』により首都圏 – 沖縄間の専用線1Gbps もしくは10Gbps の通信費が、首都圏近郊と同等の価格で利用することが可能です。
今やシステムがどの場所に設置しているかは大きな問題ではなくなっています。むしろ沖縄の地理的メリットを最大限に生かして、事業継続性を高め、またアジアへ向けた新たなビジネスチャンスの拠点として利用する企業が増えています。

サービス

災害対策からITコスト削減など お客様の事業競争力強化に貢献します

シンプルであることにこだわったデータセンターだからこそ、お客様の多様なニーズにお応えすることが可能です。

(ご利用例)

  • 1.既存システムの BCP、DR 対策拠点を低コストで実現したいお客様
  • 2.新規及び追加システムのデータセンターコストを抑えたいお客様
  • 3.アジア(香港・シンガポール)ビジネス向けに安価で信頼性の高いデータセンターを検討しているお客様

お問い合わせ

資料請求、詳しい話を聞きたいなど、まずはお問い合わせください