2019年8月19日

みなさん、こんにちは。
人財開発グループの照屋です。

日本中が夏真っ盛り、日差しがとても暑いですね。
いかがお過ごしでしょうか。

弊社では、去る8月7日に職場体験を実施しました。

今回参加いただいたのは、社員のお子様とそのお友達。
若干緊張されたご様子で来社されておりました。

 

今回の職場体験は、「ニアショアを知る・地域貢献への取り組みを体験する」をテーマとし、
・会社説明
・社内見学
・弊社が毎年参加している、久辺テクノフェスタの企画考案ワークショップ(成果発表込み)

これら3点を実施致しました。

 

会社説明の部では、弊社の理念や各部門の業務概要について説明させていただきました。
一部、北海道からリモートでの説明を行ったため、参加されたお二人は
「北海道から!?遠っ」と遠隔地とのやり取りを体感し、驚かれておりました。

社内見学の部では、事業部門のあるフロア含め、社内の施設を見学していただきました。

データセンター内でお預かりしているデータ・機器を守るための、免震構造・冷却装置などの設備を見学し、
リフレッシュルームやマッサージ室などの施設を見学を終えた後、
エンジニアが実際に業務を行っているフロアの見学も行いました。

その際にエンジニアたちへ向けていた真剣な眼差しが印象的でした。

ワークショップでは、久辺テクノフェスタのお客様と同じ年齢層であり、過去にテクノフェスタへ参加された経験のある
お二人で協力し合って、企画を3つ考えていただきました。

今まで参加側だったイベントの企画を行う事となり、時間制限あり、かつ成果発表も控えている状況のため、お二人の緊張に拍車がかかっておりました。
そこで社員による、制限時間内に仕上げる優先順位のつけ方、アイデアの出し方など少々アドバイスを行ったところ、
お二人は各々のテーマを見つけ出し、活発な思考・調査・相談を通して企画を作り出していきました。

成果発表の時間では、緊張を感じながらも堂々とした姿で、
企画内容とそれにかけた想い(企画理由)を発表しておりました。

オーディエンスとして参加した社員たちも、お二人の発表に感心し
「このアイデアはどういったきっかけで生まれたの?」と、企画内容やアイデアを掘り下げる質疑応答が出るなど
暖かい雰囲気の中、充実した発表会の場となりました。

今回の職場体験を通し、お二人の職業選択の幅が広がって
より自分に合った進路選択ができるといいですね。

事業拡大のみならず、こうした催し物も含め
今後も弊社は様々な形で地域貢献への取り組みを実施していきます。

それでは。