2020年11月26日

みなさんこんにちは。
産業第3グループの當山です。

10/23(金)に開催されたヒューマンエラー削減研修に参加させて頂きました。
今回初めてリモートでの研修開催ということでしたが、Teamsのチャット機能や、「いいね!」機能などを使用して簡単に意見交換や共感等を行うことができ、新しい形としてとても良かったと思います。

研修では様々な業界で発生した過去のヒューマンエラーの事例をもとに、要因や対策を心理学、脳科学的な提唱を参考に学び、意見交換等を行いました。

過去の事例では個人の思い込みや、認識の相違、メンバーに指摘できない、といった要因から大きな事故へと繋がっている印象を受けました。チーム内でもそれらによる作業ミスを経験していたので、コミュニケーションの向上やチーム内で重要視している「心理的安全性」の確保が重要であると改めて感じました。
また、昨今の状況としてテレワーク等で以前のように対面でのコミュニケーションをとることが難しくなっている中、相手への伝え方、相手から話を聞く姿勢などをこれまで以上に注意しなければいけないと再認識しました。

システム相手の業務ではありますが、エラーを最小限に抑えつつ、業務の作業効率を上げるために、人と人との関わりが重要視されている点はとても興味深いです。
自らの視点とリーダーとして活躍される方の視点の違いに驚きつつ、様々な立場の人の意見を聞くことができ、とても有意義な研修でした。

今後も積極的に受講して意識を改めていきたいと感じました。