Member 01

Interviews仲間を知る

常にスキルアップを図り、
お客様のご要望に対して
最適なシステムをご提案したい。

オロンバヤル トドゲレル

産業ビジネス一部第二グループ
2017年入社
理学部物理学科卒業
※部署は撮影当時のものです

Question 01

入社の動機を教えてください。

沖縄在住で県内の大学に通っていたこと、幼少期を北海道で過ごし、いずれは北海道でも仕事がしたいと考えていたことから、両方に拠点がある弊社に興味を持ちました。入社を決めたのは、会社訪問した際に感じた社内の雰囲気が心地よく、お会いした社員の方の人柄に魅力を感じたからです。自分の働く姿が想像でき、成長にもつながる職場だと思いました。

Question 02

現在の主な仕事と、やりがいを教えてください。

北海道開発センターで通販システムのシステム開発における設計から開発までを担当しています。お客様のご要望に対する最適解を導き出すため、自分の中で突き詰めてシステムを作り上げることに面白さを感じています。基本的に設計は1人で行うので自分の判断に迷うこともありますが、先輩や上司が親身になってアドバイスをしてくれるので心強いです。その中でも特に覚えている言葉は「苦悩しているのは、ジャンプアップする前のしゃがみ込んでいる状態だから」。現在抱えている苦悩は退化や伸び悩みではなく、次のステップへ行くために必要な準備だと思えるようになりました。

Question 03

入社してから特に成長した部分はどこですか?

システム開発の全工程を手がけられるようになったことです。ただ技術は常に進化しているので、社内外の研修に積極的に参加して苦手分野の克服に努めています。また、インプットと同じくらいアウトプットも大切なので、習得した技術はプロジェクト内で共有し、メンバー全員のスキルアップを図っています。

Question 04

これから挑戦したいことは何ですか?

私は入社から約3年半で北海道開発センターへ異動しましたが、異動を志望した理由の一つにチームリーダーという目標があります。現在は北海道側のチームリーダーとなるべく、後輩の育成やチームの関係づくりを担っていますが、メンバーの誰もが働きやすい職場だと思えるよう、話しやすく相談しやすい雰囲気づくりを意識しています。沖縄にいた頃から、より良い職場環境にするための改善策を上司に提言してきましたが、若手の意見も受け入れ、実際に対応してくれる社風があります。今度は私が、後輩の意見を取り入れながら職場環境の改善に取り組んでいきたいと考えています。

Question 05

就職活動中の学生にアドバイスをお願いします。

私が就職活動で力を入れていたのは自己分析。ワークショップを通して自分が何をやりたいのか、仕事をする上で大切にしたいことは何か、方向性をはっきりさせました。業務に必要な知識や技術は入社してからでも習得できます。その企業が大切にしている価値観や、一緒に働く人たちが自分に合っているかを見極めてください。

仲間を知る一覧に戻る