Member 03

Interviews仲間を知る

開発したものが
想定通りに動く瞬間は、
何度経験してもうれしい。

井上 陽介

産業ビジネス一部第一グループ
2018年入社
複雑系知能学科卒業
※部署は撮影当時のものです

Question 01

入社の動機を教えてください。

システムエンジニアを志望しており、大学で開催された企業説明会で弊社を知りました。地方に重きをおいていること、首都圏の仕事を地方で手がけていることに魅力を感じ、札幌で働きたい思いもあったので入社を決めました。

Question 02

現在の主な仕事と、やりがいを教えてください。

国内インターネット販売市場における決済プラットフォームのシステム開発に携わっています。昨今、少量少数の需要に応える小規模ECサイトが増えてきており、併せてクレジットカード等の決済機能を導入したいというニーズも高まっています。そういったお客様が利用しやすいシステムを開発するべく尽力しています。
規模の大きいシステム開発には複数のベンダーが関わりますが、自分が開発したプログラムと他ベンダーが開発したプログラムとを統合し、それが想定通りに動く瞬間は何度経験してもうれしく、やりがいを感じます。私はつい開発を担当する機能ひとつひとつに意識を向けがちですが、上司はプロジェクト全体を俯瞰し、例えば1つの機能追加が他の部分にもたらす影響等も加味して指示を出したりするので、そうした姿を間近で見て勉強しています。

Question 03

入社してから特に成長した部分はどこですか?

大学時代からプログラミングはやっていましたが基本的に1人で作業することが多く、進捗報告の仕方や課題の共有といった、チーム単位でのコミュニケーションに入社後しばらくは苦労しました。意図を正しく伝えられなかったり、相手の思いを汲み取れなかったりと失敗もありましたが、周囲にアドバイスをもらいながら改善していきました。今では少しでもリスクになりえることを早めに報告・相談し、後輩にも積極的に声を掛けて意見を聞くようにしています。

Question 04

これから挑戦したいことは何ですか?

技術力を高めて、チームを引っ張っていけるようなトップレベルのエンジニアを目指しています。そのための一つとして資格取得に向けた自主学習やeラーニングに取り組んでおり、同僚と切磋琢磨しながら日々勉強しています。また、弊社は若手社員のうちから新しいこと、やりたいことにチャレンジできる場があります。実務や制度をうまく活用しながらスキルアップに励みたいと考えています。

Question 05

就職活動中の学生にアドバイスをお願いします。

プログラミングに限らず、学生時代に熱中したものづくりを「大した出来ではない」と謙遜する学生を多く見かけます。これは非常にもったいないことです。実際には高度な技術を持った人もいるので、成果物に自信を持つこと、しっかりアピールすることが大切だと思います。

仲間を知る一覧に戻る