Member 09

Interviews仲間を知る

お客様の課題を掘り下げ、
よりお役に立てる
サービスを提案したい。

金城 裕樹

データセンタービジネス部
2015年入社
理学部海洋自然科学科卒業
※部署は撮影当時のものです

Question 01

入社の動機を教えてください。

弊社にはエンジニア職でエントリーし内定していましたが、内定者面談で営業をやってみないかとオファーがありました。人前で話すのが得意ではなかったので、就活当初、営業職は考えていませんでしたが、自分の知らない一面が評価されたことで職種に対する視野が広がりました。あらためて営業という仕事について説明を受けて興味を持ち、入社を決めました。弊社は沖縄に本社があり、沖縄を軸に県外と仕事をしているのも、判断材料として大きかったです。

Question 02

現在の主な仕事と、やりがいを教えてください。

データセンターに付随するサービス全般のWebマーケティングからセールス、契約後のお客様窓口を担当しています。データセンター業界や技術に詳しいお客様が相手なので、可能な限り技術のことにもお応えできるように日々勉強をしています。 営業は、お客様のビジネス上の課題に対して、私たちの商材で何ができるかを提案し、お客様ビジネスを伸ばしていくお手伝いをするのが仕事です。欲しいと言われたから売るのではなく、最初のお問い合わせ内容から一歩踏み込んで、ご要望の意図や背景を理解したうえで、お役に立てるかを考えます。お客様と一緒に課題を掘り下げ、最終的にお客様の課題解決に提案が上手くかみあい、お客様のビジネスが伸びていく、そのようなことにやりがいを感じています。 それから契約が決まると売上に直結するので、会社への貢献が直接わかるのも営業のやりがいだと思います。 データセンターは、お客様のビジネス基盤を下支えする役割です。社会インフラを提供しているお客様もおり、社会に対する影響や貢献度、責任を実感しています。

Question 03

入社してから特に成長した部分はどこですか?

人前であがりやすい性格だったのでヒューマンスキルでだいぶ苦労しましたが、お客様とのやりとりに学ぶところは大きく、コミュニケーション力が向上したと思います。例えば、問題が発生した際、話しを伺いながら情報を集めて原因を分析し、相手の立場に立った提案ができるようになりました。上司、先輩、エンジニアからは、一見対応が難しそうなことも、お客様に貢献するために何ができるかを一義に考え、諦めない姿勢を学びました。いかにしてお役に立てるかを考え、提案する営業スタイルから生じるプラスのエネルギーは、プライベートにも良い影響があると感じています。データセンターの営業としてIT知識を身に着けるのはもちろんですが、営業という仕事を通じて人間性が豊かになったと感じています。

Question 04

これから挑戦したいことは何ですか?

どんな商材でも売れる営業になりたいです。 今はデータセンターに付随する商材だけ扱っていますが、新しいサービスが増えても対応できるようになりたいと考えています。 その為に、より高度な問題でも課題を設定して掘り下げていく力、短くともインパクトのあるプレゼンができるなど、どの商材、どのお客さんにも通用する営業スキルを磨いていきたいです。同時に技術的な専門性も強化していきたいので、AWSやデータセンターファシリティ管理などの資格にもチャレンジしていきたいです。

Question 05

就職活動中の学生にアドバイスをお願いします。

営業は学生時代の専攻が直接つながりにくい職種ですが、文理問わず、学んできたことを活かせる仕事だと思います。私の場合、研究で鍛えられた論理的思考力は営業スキルの基礎になっています。営業職は、話をするのが得意でないと出来ないというわけではありません。営業スタイルはいろいろあるので、営業という仕事に興味を持ったら、一度飛び込んでチャレンジするのも有りだと思います。

仲間を知る一覧に戻る